ビットコイン決済のできる店舗が続々と増加中

ビットコインで買い物ができる店舗が増えています。

ネットショップに限らず、リアル店舗でも
ビットコインで決済できる所が増えています。

ビットコインでの決済方法は、専用レジで、
買い物の代金をスマホアプリで精算します。

専用のレジではQRコードがディスプレイ
に表示され、お客さんに提示します。

お客さんはQRコードを読み込み、
スマホアプリで支払を完了します。

決済時のレートで日本円に換算され、
店舗側は日本円を受取る仕組みになっています。

ビットコイン決済でお得にお買物をしよう

ビットコインで決済するメリットは日本円で
買い物をするよりも安く購入できる点です。

例えば、家電量販店で買い物をする場合、

1ビットコインが10万円の時に5千円で、
0.05ビットコインを購入し所有したとして、

決済時レートが1ビットコイン30万円の場合
0.0034ビットコインが支払われます。

10万円×0.0034ビットコインで340円となり、
5千円の商品が340円で購入できたことに!

ビットコインの価値が上がることで決済を
する時にメリットになります。

ビットコイン決済のメリットはお店とお客の両方に

家電量販店やメガネ販売チェーンで、
ビットコイン決済のできる店舗が増えるのは

決済時よりも安いレートでビットコインを
購入したビットコイン所有者にはメリットです。

消費が冷え込む昨今、消費拡大の可能性が
充分に期待できるため、小売業では、

積極的にビットコイン決済を導入します。

売る側は決済時のレートで回収が可能で、
買う側はビットコインの価値上昇分がお得になります。

お店とお客の両方にメリットがある為、
ビットコイン決済のできる店舗は増える見込みです。

ビットコイン決済が店舗で可能なビックカメラ

現状、ビットコイン決済ができる店舗は、
ビックカメラ、メガネスーパーなどです。

海外に比べるとビットコイン決済可能な店舗
の普及は、ゆるやかですが、

ビットコインは消費を牽引する力があるので
急速に普及することは容易に予測できます。

ビットコインでの決済が始まったばかりですが、

仮想通貨は常に進化しており、ビットコイン
より決済スピードの速いアルトコインで、

決済をすることが可能になる日も、
それほど、遠い未来のことではありません。

ビットコイン決済普及のカギを握る業界

ビットコイン決済を通販業界が導入すれば、
急速な普及は現実のものとなります。

インターネット通販の利用者の増加は、
配送が追い付かない程の勢いです。

クレジットカード決済の場合、売り手が
手数料をおよそ3%負担します。

ビットコインで決済が行われるとそのものに
価値があるので、手数料を払う必要が無く、

インターネット通販業界全体での
コストダウンも大いに可能なのです。

インターネット上で、金(ゴールド)で
取引をしている感覚です。

そんな未来を想像すると、ビットコインで
インターネット通販ができる日を楽しみに待つばかりです。