ビットコインに興味はあるけど初心者です

ビットコインは投資の初心者はやるべきか。

株式投資の場合は、国内だけで3000銘柄
を超えるなかから投資をしたい銘柄を選びます。

3000銘柄から当たりを探しだせますか?

国内で購入できる仮想通貨は15銘柄程です
ビットコインは仮想通貨の基軸通貨です。

仮想通貨は、まずビットコイン投資を
銘柄えらびで迷わないので初心者向きです。

オランダで17世紀に起きた、
チューリップバブルを引き合いに出し、
警鐘を鳴らす評論家もいますが、

ビットコインはブロックチェーンによる、
最新テクノロジーの塊なので、価値は揺るぎないものです。

ビットコインをこれから買っても遅くない?

2017年の仮想通貨市場は相次ぐ高騰で、
ボーナスタイムではありましたが、

仮想通貨市場は、始まったばかりです。

ビットコインは普及すれば価値は上昇します
発行上限が決まっているので、

後から買う人ほど、高く買うことになります

ビットコインは金やプラチナに変わる手堅い投資です。

経済情勢が不安定な国は、自国の通貨より
需要があり、リスク分散の手段として選ばれています。

具体的な事例として、

ギリシャの経済危機、中国人民元切り下げ時
にビットコインは急騰しました。

ビットコインとの上手な付き合い方

ビットコインが注目され、ポイントサイトで
交換することもできるようになりました。

無料で手に入れることができる機会も増え、
少額でも、所有してみることもオススメです

本格的にビットコインをはじめるのなら、
仮想通貨取引所で口座を開設し購入します。

ビットコインの初心者向けの買い方は、

ビットコインの価格が下がってときに買い、
ビットコインの価格が上がりだしたら売る。

決して、高値で買わないことです。

仮想通貨取引所は金融庁が見張っている

日本国内の仮想通貨取引所は金融庁へ届出の
義務が有り、本人確認も行っています。

改正資金決済法が2017年に施行され、
より安全に取引ができる環境が整っています

これは、マウントゴックス事件を教訓にして
ようやく政府が規制に動き出した結果です。

規制はより強固になり、

監査法人による会計監査の義務化され、
財政状態もチェックされより安心して、

仮想通貨取引所を利用できるようになりました。

ビットコイン初心者が選ぶべき取引所

仮想通貨市場が歴史の浅いマーケットのため
ベンチャー企業が取引所の運営していることも有りますが、

2018年1月に起きたコインチェック事件
を考慮すると二の足を踏んでしまいますが、

マネックスグループによる買収で決着し、
今後は、大手企業が参入することでしょう。

金融庁への対応、監査法人の会計監査には、
大手企業のような専門家集団でなければ、
耐えられない側面があります。

仮想通貨取引所へのチェックが強化され、
それに耐えうる経営リソースを持っている点を考慮すると、

大手企業グループに軍配が上がります。

なので、

ビットコイン初心者が選ぶべき取引所は、
GMOグループ(東証一部上場企業)の
取引所ですね。安心が第一ですから!

↓ ↓ ↓

GMOコインでビットコインをはじめる!