仮想通貨と電子マネーは別モノ!

仮想通貨と電子マネーは、似ていますが、
全くの別モノです!

今では、お馴染みのSuicaはJR東日本が
発行元となり、管理をしています。

現金(日本円に限る)をチャージして、
はじめて使うことができます。

前払いが原則ですね。
あなたのSuica残高は大丈夫ですか。

仮想通貨は通貨自体が価値をもっています。

利用者どうしでP2Pシステムで、
お互いに対等な立場で管理しています。

ウォレットというアプリを無料で
ダウンロードして現金を経由せずに
使うことができます。

仮想通貨って危なくないのか?

仮想通貨は暗号化されたデータですが、
2017年4月1日に法律がようやく整備され

仮想通貨法が施行させれ、
円などの法定通貨との交換が可能で、

電子的に記録され移転できるものと定義されています。

技術の進歩に法律の整備が追いつき、
国もその存在を認めています。

海外送金の速さや便利さが注目され、
メガバンクも極秘で、送金テストをしています。

法律も整い、メガバンクも注目しているので
怪しさは払拭されています。

日本人の国民性でしょうか、
新しい技術には、慎重になりますね。

仮想通貨の安全性

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる
仕組みで取引記録が10分毎に追加されます。

発行されてからの全部の取引が記録されて
いるので、出所がハッキリしています。

法定通貨では、誰がどのように使った物か
解りませんし、銀行に預ければ、

データとして扱われ、安全とは言えません。

某メガバンクのシステムは脆弱で、
だびたびシステム障害を起こしていますが、

なぜか、大きく報道されませんね。

一定期間、出し入れの無い口座が消失する
ことは、あまり知られていません。

あなたの口座は大丈夫ですか!

仮想通貨の種類はどのくらい

仮想通貨はビットコインが有名ですが、
他にも有望な仮想通貨があります。

リップル、イーサリアムが代表格で、
世界中では1000種類を超えました。

ビットコイン以外は、代替を意味する
アルトコインと呼ばれています。

日本国内で取引のできるアルトコインは、
10数種類ほどとなります。

草コインと呼ばれるお宝銘柄は
海外の取引所で扱っています。

投資は先行者利益が大きいので、
海外の取引所の銘柄に投資しているのは、

このところのトレンドです。

銀行も仮想通貨に参入!

日本の地銀やメガバンクも仮想通貨に参入し
送金・決済の手段としての利便性に注目しています。

・MUFGコイン
東京三菱UFG銀行が円と固定し、
送金・決済のなどでグローバールに利用可能

・Sコイン
SBIホールディングスが大きく変動する
要素をもった仮想通貨として発行

・Jコイン
ゆうちょ銀行など約70の金融機関で発行
国内限定の電子マネー

東京オリンピックに向けて、
急速に普及していくことが見込まれます。