仮想通貨ってわかりやすく言うと何か?

ビットコインに代表される仮想通貨は昨年、
急激にその価値が上がり、とても注目されています。

ビットコイン=仮想通貨では無く、
ネム、リップルといったアルトコインを含めて、

インターネット上に、存在する通貨データを
仮想通貨または暗号通貨と呼びます。

今までのお金のように、硬貨や紙幣といった
形は無く、利用者どうしで管理をしています

世界中では1500銘柄を超える仮想通貨が発行されています。

今、持っているお金って安全ですか

今、持っている1万円札も銀行に預ければ、
預金データとして管理されています。

銀行が一括してデータの管理をしているので
預金者は、管理データを見ることができません。

なので、横領など銀行関係者であれば、
不正をすることができていまします。

日本は社会情勢が安定しているので、お金の
価値が突然ゼロになることは有りませんが、

世界には、社会情勢が不安定で、突然お金の
価値が下がってしまう国もあります。

ビットコインに最初に投資したのは中国人でした。

中国の通貨である人民元の価値を下げた時に
急速に買われました。

仮想通貨の安全性はどのように保っているのか

仮想通貨は取引の全てを暗号化しています。
これはブロックチェーンと呼ばれる技術です

利用者どうしで管理することを前提に作らて
いるので、不正をする人を始めから想定しています。

取引が行われるたび取引の承認作業が行われ
常に不正が無いかチェックされます。

スーパーコンピューターを駆使して、
高度な暗号解析処理が行われます。

承認作業を行った利用者は仮想通貨の発行元
から報酬を受取るります。

なので、利用者どうしで不正を防止する仕組みは完成しています。

仮想通貨でどうして儲かるのか

「億り人」等といった言葉をききますが、
仮想通貨の価値が高騰する前に投資をして、

価値が上がりきった時に売却した人は、
仮想通貨の売却益で利益を得ました。

ビットコインを10万円で買うことができ、
200万円で売ることができたら190万円の利益です。

2017年は仮想通貨の法的整備や、
仮想通貨取引所の準備など好材料が整った為

仮想通貨で大きな利益を得た人が数多く続出しました。

これから仮想通貨で儲けたいのならば、
所有している仮想通貨を貸して金利を得る、

仮想通貨取引所ごとに取引レートに差がある
ので、その差額で売却益を得る等の手法になります。

仮想通貨はどうやってはじめるの

仮想通貨を始めるには仮想通貨取引所に登録
して口座を開設します。

海外の取引所は本人確認をしておらず、
言葉の壁もあるので、多少のリスクを伴うことでしょう

最初は、日本の仮想通貨取引所で取引に、
慣れることをオススメします。

仮想通貨は購入する他に無料で入手できます

仮想通貨取引所の無料配布キャンペーンで、
口座を開設すれば、保管場所と仮想通貨の両方が手に入ります。

無料でビットコインを所有して、
取引相場を見るだけでも、ワクワクします。

仮想通貨を持っている人は少ないので、
少ない額でも持っていると注目されます。

所有額は聞かれませんが、
所有銘柄は聞かれることがあるので、

「ビットコインを少し持ってます。」
なんて言えますと一目置かれます。

なので、無料で口座に置いておくだけでも良いですね。

仮想通貨取引所口座開設方法をまとめました

↓ ↓ ↓

GMOコイン(仮想通貨取引所)の登録と口座開設をやってみた!