仮想通貨の「取引所」と「販売所」は実は違う

仮想通貨の「取引所」と「販売所」は、
似ているようで、若干ちがいます。
目的にあった使い分けをしましょう。

「販売所」は取引所と仮想通貨を売買します

仮想通貨取引所には取引所と販売所の2つが
存在するケースがあります。

違いは解りづらく差異に気づかない場合も?

これを機会に理解を深めてください。

仮想通貨販売所の特徴を理解する

「販売所」は、ビットコイン等の仮想通貨を
販売しているところを指します。

利用者は仮想通貨取引所が提示する価格で、
自身が売買したい仮想通貨を取引所を相手に

売ったり、買ったりします。

仮想通貨取引所が買値1BTC=50万円と
提示されていたら、

利用者は、そのレートに基づき、
必要なビットコインを購入します。

仮想通貨取引所の特徴を理解する

「取引所」は、利用者同士で売買をします。

一方、「取引所」はそこの仮想通貨取引所に
口座を持っている利用者同士で売買をします

株式取引でいうところの証券取引所の役割を
果たしているとすれば理解しやすいのでは。

仮想通貨を買いたい利用者と売りたい利用者
が集まりマッチメイクを行う場所を指します

1BTC=50万円で2BTC買いたい時に
口座を開設している利用者の中で、

1BTC=50万円で2BTC以上の
ビットコインを売りたい人がいないと、

売買は成立しません。

仮想通貨販売所のメリット&デメリット

販売所と取引所のメリット&デメリットを
理解して目的によって使い分けましょう。

双方のメリット&デメリットを検証します。

販売所のメリットは、販売所が提示している
額であれば定められた1回の取引上限以内で

即、必要な数量の仮想通貨を売買できます。

売値と買値のスプレットが広いのがデメリットです。

販売所の買値と売値よりも差額が大きいため
売買するレートで不利な場合が多々あります

仮想通貨取引所のメリット&デメリット

取引所のメリットは、自身が売買したい額を
指定する「指値注文」ができることです。

しかし指定した価格にならなければ約定せず
即、仮想通貨を売買したい利用者には向きません。

それを回避するために売買価格を指定しない
成行注文で約定することは可能ですが、

現状のレートより乖離が発生する可能性に、
注意をはらう必要があります。

以上の点を踏まえ、

より有利なレートで取引可能な取引所で売買
したほうが良いと判断できますが、

即、仮想通貨を売買したい場合は販売所が有利です。