仮想通貨元年を振り返る

2017年は多くの仮想通貨の価格が急騰し
10倍、仮想通貨によっては100倍になり

「仮想通貨バブル」という状況でした。

仮想通貨バブル崩壊はいつ来るのか?
仮想通貨バブルは、これから始まる!

双方の意見が投資家の間で議論されてます。

仮想通貨が快進撃を遂げた2017年を
振り返り、今後の市場を分析します。

仮想通貨をデジタルダイヤモンドと呼び、
ネガティブな意見も有りますが、

ブロックチェーンは世界を変える技術である
ことは、揺るぎない事実と捉えるべきです。

仮想通貨バブルと呼ばれるのはビットコインの急騰が要因か

驚異的な値上りを続けたビットコインたち、

ビットコインを筆頭とする仮想通貨は、
日本円や米ドルなどの法定通貨とは異なり、

「価値を持ったデジタルデータ」として、
硬貨や紙幣などとは異なる存在感を示しています。

またたく間に仮想通貨の価値が急騰した為、
2017年に入り突如として注目されました

ビットコインは2017年1月には、
1BTC=10万円前後のレートでしたが、

2017年11月には、価格が急上昇し、
1BTC=85万円超えに至りました。

BTCはビットコインの通貨単位

ビットコインの通貨単位はBTCと表記し、
BTCの最小単位は、0.00000001BTCで

実に1BTCの1億分の1となります。
1satoshiと表記されるます。

ビットコインの提唱者である、
ナカモト サトシ氏にちなんで名づけられました。

仮想通貨元年を牽引したアルトコインたち

我が国初の仮想通貨も2017年は大奮闘!

急騰したのはビットコインだけでは無く、
2ちゃんねるから生まれたモナーコインは、

2017年初頭は1MONA=約2.7円でした
10月に1MONA=700円を超え、
10ヶ月で200倍以上の価値になりました。

イーサリアム、リップルなどの仮想通貨も
この流れに乗り、価格が急騰しました。

2017年は、このような動きもあり、
仮想通貨元年と呼ばれています。

これは、仮想通貨バブルなのでしょうか。

仮想通貨バブルはアルトコイン次第?

ビットコインはトランザクション詰まりにより
少額資金の送金に処理が追い付いていない。

高額送金には需要があるが手数料が割高となっている。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨としての
存在感は変わらないものの

市場には前年以上に資金が流入し、300兆
の市場規模になる見通し。

2018年はアルトコインが台頭する見込み

資金が各コインに分散し、ビットコインの
決済速度が向上した段階で、値上りの期待あり

よって、仮想通貨バブルはこれからと予測します。