ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインに分類される

仮想通貨といえば、ビットコインのことだと
想像する人は多いですね。

確かに世界で最初の仮想通貨ですから。

ビットコインの他にも仮想通貨は発行され、
それらは、アルトコインと区分されます。

つまり、ビットコインとそれ以外のコイン。

世界で最初の仮想通貨ビットコインは王様で
その他の仮想通貨は1300銘柄以上になります。

アルトコインの代表は、イーサリアムと
リップルが普及しています。

仮想通貨のアルトコインの代表格といえば!

<イーサリアム>
ビットコインに次ぐ取引規模を有し、

「スマートコントラクト」で過去に交わした
契約内容をネットワーク上で保存できる点が
最大の特徴といえます。

<リップル>
ネットワーク上の通貨を使い様々な通貨との
取引ができるシステムの仕様となっており、

単純な通貨としての機能以上の可能性が有る

リップル保有者は、リプラーと呼ばれる。

仮想通貨のアルトコインになるビットコインキャッシュ

1300銘柄を超える仮想通貨のなかでも、
世界で最初の仮想通貨ビットコインは、
話題となり誰もが知るところとなりました。

ビットコインに続く全ての仮想通貨をまとめ
アルトコインと呼ぶことは、

ビットコインが特別な存在である証しです。

2017年8月にビットコインから分裂した
仮想通貨はアルトコインに分類されます。

「ビットコインキャッシュ」と
「ビットコインゴールド」です。

ビットコインと冠しますが分類上は、
アルトコインです。

仮想通貨のアルトコインもオススメですが

仮想通貨のアルトコインも計り知れない、
ポテンシャルを秘めておりオススメですが、

株式投資と比べ仮想通貨は情報収取にコツが
いるため、ビットコインから投資を始めることが無難です。

仮想通貨のなかでもビットコインの情報は、
インターネットに留まらず、ニュース等で、
取り上げられる機会が増えています。

アルトコインに比べ情報が多く流れている為
初心者でも、苦労なく情報収集が可能です。

仮想通貨のアルトコインを掘り下げてみる

アルトコインはオルタナティブコインの略で
代替のコインを意味しています。

ビットコイン以外の仮想通貨はすべて、
アルトコインに分類されます。

仮想通貨取引所では、ビットコインの取扱い
の無いところは、まずありませんが、

アルトコインは仮想通貨取引所によって、
取扱いのないところもあり、

どの仮想通貨取引所でも購入できる訳ではありません。

ビットコインで仮想通貨取引の感覚を養い、
気になるアルトコインを買い増しすることが
手堅い投資法です。