仮想通貨の銘柄(コイン)2018年は期待できるか

大幅に価値が値上りしたことが要因で、
2017年頃から仮想通貨が注目されています。

仮想通貨といえばビットコインが有名です。

ビットコイン以外にも仮想通貨は発行され、
アルトコイン、草コインと呼ばれています。

2017年は軒並み、上昇基調でした。
仮想通貨の銘柄(コイン) 大化けしたのは、

日本で発行されたモナーコインです。
54倍の価値になり驚くばかりでした。

2018年はG20の動向が注目され、
春以降、市場の活性化が期待されています。

仮想通貨の銘柄(コイン)で大化けしたモナーコイン

ビットコインの価格上昇が新聞やニュースで
取り上げられることが増加したことにより、

値上りに期待して仮想通貨投資を始める人も増えました。

ビットコインだけが仮想通貨ではありません
我が国でも仮想通貨取引所が開設され、

ビットコインに続き、アルトコインの取引も
活発に行われる土壌が整いました。

2017年を振り返ると主なアルトコインは、
軒並み増加基調にありました。

モナーコインに投資をした方は笑いが止まらなかったのでは?

仮想通貨の銘柄でおすすめは国内で売買のできるもの

モナーコイン以外にも、リスク、ネム、
リップル、ライトコインはの上昇は、まさに

仮想通貨元年を象徴する出来事でした。

反面、仮想通貨の投資ばなしが増加した為、
「仮想通貨はコワイ」という気持ちになっていませんか。

仮想通貨は海外で発行されているものを含め
1300銘柄以上になります。

我が国の仮想通貨取引所で、売買されれいる
銘柄は少数ですが、厳しい審査をクリアしているので安心です。

仮想通貨最大の特徴は発行上限が決まっていること

仮想通貨最大の特徴は、日本円や米ドル等の
法定通貨とは違い、発行上限が決まっています。

ビットコインであれば2100万BTCまで

仮想通貨は国境を越え取引がされていて、
世界中の人々が、限られた数量の仮想通貨を

争奪するように投資しているため、価値が、
急上昇しています。

需要が明らかに供給を上回る状態です。

連日、メディアに露出しており、
今後も、仮想通貨投資に参入する人が増えることでしょう。

仮想通貨の銘柄で本命を掴むには

ヤフーの調査によると昨年の秋時点で、
仮想通貨の投資および利用に興味を持つ人が

9.9%も存在しています。

既に投資および利用している人は3%です。

この数値は、多くの人が仮想通貨の価値に、
気づいていないことを表します。

仮想通貨を早く、手に入れた人ほど、
多くの利益を確保できることは確かです。

2018年は仮想通貨の年と呼ばれ、
市場で巨額の資金が動くことでしょう。

先行者利益を得るには、
仮想通貨取引所に口座を開設することです。

今なら、5日で口座を開設できました。

春以降は、申込み者が殺到し、
手続きに時間を要することでしょう。

投資において、事前準備は重要な要素です。