GMOコイン口座開設のポイント

仮想通貨の取引を行うには仮想通貨取引所に
登録する必要があります。選定基準として、

運営会社または親会社が上場企業であるか?
という点をチェックします。

上場企業の場合は有価証券取引報告書により
経営状態を確認することが出来ます。

経営基盤がしっかりしているという点では、
GMOグループのGMOコインが該当します。

GMOコイン株式会社の親会社の
GMOインターネット株式会社は東証一部上場企業です。

GMOコインで口座開設すると決めた理由

運営会社:GMOコイン株式会社
設  立:2016年10月

資 本 金:17億5800万円
主な株主:GMOインターネット株式会社

出金手数料が無料で経営基盤は申し分なし!

GMOインターネットはマイニング事業に、
参入を表明しており、

100億円以上も事業に投資しています。

なので、口座開設を行いました。

→ GMOコインで仮想通貨を始める!

GMOコインで口座開設は無料できました。


GMOコインにアクセスし、サイト中央の
「無料口座開設」ボタンをクリックします。

画面が切り替わり、メールアドレスを
入力する画面が現れます。

ヤフーメールでも登録できました。


GMOコインから数分でメールが届きます。
記載されているURLをクリックします。

リンク先でパスワードを設定します。
パスワードは忘れないようにメモします。

パスワードの設定が完了すると、
ログイン画面に切り替わります。

GMOコインで口座開設は10分でできました。


初回ログイン時に上記の画面が表示されます
ここで「口座を開設する」ボタンをクリックします。

画面が切り替わり、必要事項を入力します。
氏名、生年月日、住所、電話番号、職業など


本人確認方法の選択画面まできたら、
1.本人確認書類の画像をアップロードをクリックします。

マイナンバーカードや運転免許証でOKです

運転免許証の表面と裏面をスマホで撮影し、
PCに取り込んでおくと時短になります。

本人確認書類のアップロード完了画面が、
表示されれば、手続きは一段落です。

GMOコイン口座開設のお知らせはメールで受信


口座開設の登録時のメールアドレスあてに、
「口座開設のお知らせ」が届きます。

ビットコインに囲まれているモグラは、
マイニング事業に注力する意思表示でしょうか(笑)


この段階では、まだ仮口座ですが、
審査が完了すると「口座開設コード」が届きます。


郵送で4日後に届きました!
口座開設コードを入力し、取引が開始できます。


口座開設完了の翌日に、嬉しいサプライズ!
ビットコインが無料で入手できました。

期間限定のキャンペーン中でしたので、
得しちゃいました。

→ GMOコインで仮想通貨を始める!