COMSAとは何か理解する

COMSAは企業を対象のICO形態です。

COMSAは日本発のトークンセールとして
使用されるトークン名はCOMSAです。

簡潔にまとめるとICOを検討している企業
団体にICOを実現させる場を提供します。

我が国のICOの標準化を目的としており、
国内初のICOのホワイトペーパーは日本語です。

ICOバブルのある所にCOMSAあり

2017年よりICOの件数は世界的に、
増加傾向にあり個人投資家の資金シフトも!

1990年代のバブル崩壊より失速していた
日本経済も、アベノミクスにより改善された

という見解もありますが実感は薄く、
相変わらずデフレ傾向で推移しています。

ゼロ金利政策により、銀行預金で資産を
増やそうとしても実行性は乏しく、

銀行の体質が、金利依存型の脱却を模索しています。

そのような背景から近年、仮想通貨市場での
ICOの加熱ぶりが伺えます。

COMSAで今後、ICOをする企業は増加

パソコンやスマホにおいてもそうでしたが、
プラットフォームの掌握こそが、

市場での優位性を握るポイントであり、
有利な立ち位置でビジネスを展開できます。

目下、ICOのプラットフォーム競争では、
COMSAの独壇場ともいえる状況で、

㈱プレミアムウォーターホールディングスの
ICOは注目を集めています。

COMSAの今後の展開は、
日本企業に留まらず世界各国の企業に、

ICO誘致を働き掛ける模様です。

100億円を超える資金を20万人以上から集める!

2017年11月COMSAは世界のICO
史上歴代6位の資金調達を達成しトークンセールスを完了しました。

1ヶ月で109億円もの資金を集め、
運営者のテックビューロ㈱を軸に設立された

ICO協議会に名を連ねるメンバーは、
一流どころが揃い注目を集めました。

トークンを早期に購入した人が先行者利益を
得るプロモーションが展開され、

仮想通貨独特の傾向として期間限定を掲げ、
波に乗ろうとする投資家心理に巧妙に訴求した結果

多額の資金が集まりました。

COMSAの今後の動向と気になるトークン

トークンは2種類から選択可能であった!

セールの参加者は1米ドルの購入に対し、
1COMSAトークンが配布されます。

注目のトークンは、
XEMとETHの2種類が用意されました。

COMSAは2017年12月に、
Zaifに上場を果たしました。

当初はICO価格割れを起こしましたが、
その後、150円前後の値を付けています。

ICO案件が増えれば価値も比例すると、
予測されるため、今が買い時です。