仮想通貨ICOとは何のことか

仮想通貨を発行して資金調達を行う方法で、
Initial Coin Offeringを略してICOと呼びます。

株の世界でのIPO(新規公開株の売出)に
近しいのですが優待・議決権は有りません。

ICOを実施するのは新たな技術開発や、
サービスの提供を視野に入れている企業や団体です。

トークンと呼ばれる引換え権利を発行し、
ビットコインなどの仮想通貨で販売します。

集まったビットコインなどは売却され、
トークン発行者が資金を調達します。

ICOとは新たに発行される仮想通貨の上場
される時にトークンを売却して入手する手法です。

仮想通貨ICOではトークンを購入する

ZaifトークンとXCPトークンが主なものです。

日本で最初のICO事例はCOMSAの運営者の
テックビューロ株式会社です。

インターネット及びソフトウェア開発を
手掛ける大阪府の企業です。

テックビューロ㈱の発行するトークンは、
Zaifトークンとして仮想通貨取引所Zaif
のみで売買することが可能です。

XCPトークンを利用することで、
仮想通貨を発行することが可能になります。

ZaifトークンとXCPトークン共に、
仮想通貨取引所Zaifのみで売買が可能です。

仮想通貨ICOは今後、日本で本格的に広がる見込み

ICOは今までの資本市場の制約を受けず、
資金調達を可能としているため注目を集めています。

ブロックチェーン技術をベースにしている
ビットコインへの信頼と仮想通貨全体に対し

今後の期待からICOならば値上りは確定視されていました。

新規トークンの価格は急速な勢いで値上りを
見せましたが、乱立ぎみとなり現状では落ち着いていますが

本格的に日本で広がるのは、これからです。

仮想通貨ICO情報を見極めるポイント

ICO情報は成長する見込みを見極め、
投資を行えば、リスクは最小限になります。

新規トークンとは何か、ICOの仕組みを
理解している投資家が投資判断の基準は

ホワイトペーパーの記載情報です。

ホワイトペーパーとはICOを実施する
企業および団体が資金調達のために公開する
報告書と言えます。

資金が集まったら、どの様に使うのか
社会においてどう役立つか詳細に記載されています。

現状、IT関連の案件が大多数となります。

仮想通貨ICOはIPOよりも制約が少ない

ICOはIPOに近しいのですが、
IPOは上場企業に限られるケースが主ですが、

ICOは企業だけではなく、開発者チームや
理論上、個人でも新規トークンを発行して、
購入者を集めることが可能です。

IPOでは証券会社と証券取引所の審査を受けますが、

ICOは証券会社と証券取引所の審査は無く、
IPOと比較すると準備期間も短く、

インターネット上で世界各国から資金調達を
可能としていますがクラウドファンディング
との相違点は、

トークンの値上りに期待を寄せる投資家の
投資が有る点です。

仮想通貨ICOプレセールは自己責任で

仮想通貨ICOは「運」の要素が少なくないか

新規トークンに価値があると判断されると、
取引所に上場されて、売買可能になり、

改正資金決済法上の仮想通貨になります。

仮想通貨取引所に上場されない場合は、
仮想通貨としての価値は有りません。

しかしながらICOに投資した資金は基本、
手元に戻ることは無いので、

仮想通貨取引所に上場され価値が出るまで、
待つことを余儀なくされます。

そのまま価値が無くなるか、
急激な勢いで価値が上昇するのか、

予測することは困難で「運」の要素が、
強いとコメントする投資家も存在します。